FW:10*30帰国しました

帰路のフライトは機上からシベリア大陸が見下ろせる非常用出口傍の座席を御願いした。その広大な大陸をスクーターで横断したこと、改めてかみしめ胸が熱くなる。16時過ぎ、スムーズなランディング、成田到着。別送品通関・配送依頼手続き後、リムジンで横浜へ。21時帰宅。
ツーリング中、時に折れそうになった私を継続して支えて下さった皆様方にここで改めて感謝申し上げます。多謝!!
距離:30,083キロ 日数:136日(4.5月)腰痛2回、肩こり十数回、膝痛1回、頭痛0回、転倒による足首軽捻挫1回、同足親指打撲1回、下痢4回、便秘3回、体重減6キロ、白髪増えるも風邪引かず、パンク0回、前輪交換せず、後輪交換1回、ブレーキパッド前後各1回交換、エンジントラブル皆無、ガス欠無し、ランプ切れ無し、80オクタン価燃料でも走る、転倒による外装部損傷・ねじなどの脱落あり、ホンダ製250ccスクーターForesight高信頼性!、の、旅でした。
以上でブログを当面休ませて頂きます。野地二三夫
[PR]

# by nochifumio | 2009-11-01 13:30  

FW:10*29 フランクフルト発

a0135826_6121583.jpg

a0135826_6121511.jpg

a0135826_6121575.jpg

a0135826_6121594.jpg

a0135826_612151.jpg

a0135826_6121516.jpg

月半に及ぶシベリア、ヨーロッパの単独ツーリングも終わり、知人の家から一緒にタクシーで空港へ。今度いつ会えるか分からないがつかの間のコーヒータイム、タクシー乗り場まで私が案内し、そこで別れの挨拶。ANA NH 210便 2045発 ボーディングは2015 もう直ぐ、いざ東京成田へ!!
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-30 06:12  

FW:10*27スクータ発送手続き

a0135826_221382.jpg

a0135826_221334.jpg

a0135826_221350.jpg

a0135826_221398.jpg

a0135826_221388.jpg

ツーリング最終日、発送依頼する日通フランクフルトへタクシー先導で行く。カルネに記載の品々全て、段ボール箱へ入れ直し。追加品は別送品として小箱でペリカン便。ガソリンは出来るだけ少量を残す。ガス、スプレー類は破棄。電池の端子を外す。
カルネ手帳と品物リスト、パスポートコピー、日本の連絡先を渡し完了。返送費用は帰国後、連絡してもらい、送金・受領確認後発送となる。
木枠梱包、ハンブルクー横浜のルート。昼食は帰りがけ、タイチャーンとスープ。量が多すぎる。夕飯は私が日本レストランへ知人家族を招待。最終日走行距離、28キロ。 距離計指示、29、805.5キロ。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-29 02:02  

FW:10*26 最終地フランクフルトへ

a0135826_1135783.jpg

出発が昼過ぎになる。明るいうちにフランクフルトの知人宅に着けるかどうか不安だったが、ギリギリセーフ、一発で到着。前回は二時間もウロウロしたというのに。知人が透析から帰った後、食事に出掛ける。シュニッツェルを食す。美味しかった。あー、それにしても私のドイツの友人は全て糖尿病かその予備軍だ。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-29 01:13  

FW:10*25 故郷訪ねて墓参り

a0135826_0531135.jpg

a0135826_0531193.jpg

a0135826_0531153.jpg

a0135826_0531158.jpg

a0135826_0531192.jpg

a0135826_0531141.jpg

a0135826_0531141.jpg

a0135826_0531127.jpg

a0135826_0531186.jpg

a0135826_0531187.jpg

昔泳いだ森の中の池を見に行った、が、半分以上干上がっている。こんな所まで環境の変化有り。その湖畔レストランで4人で昼の食卓を囲む。母、姉のハンナと別れの抱擁後、故シュテンガー氏の墓参。別れは何時もつらい!帰路フランスで10キロ超の速度違反で罰金、殆どドイツ車が違反。ユーロパーク、ストラスブルグ市街のシルエットを見ながら1830帰宅。外は既に暗い。今日から冬時間に戻り、日本と8時間の時差。ゲオルクと夜中までワイン飲みながらバンドのDVD、ツーリングの写真をPC上で鑑賞。二日前就寝中痛めた右膝は80%回復。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-29 00:53  

FW:10*24 ドイツの母を訪ねて29500キロ

a0135826_21313073.jpg

a0135826_21313098.jpg

a0135826_21313053.jpg

a0135826_21313053.jpg

昼過ぎ、ゲオルクと出発、目指すは恩人でもある彼の母の住むお年寄りのための施設のあるザーブリュッケン。南ドイツからフランス、アルザス地方近くをドライブしドイツに入る。素晴らしい五階建ての施設、1、2階は痴呆の人向け、4、5階はそうでない人向けで、彼女は四階のキッチン付ワンルームに住む。ケーキとコーヒーご馳走になり、積もる話の後、ゲオルクの姉の住まいへ。手作り料理をご馳走になり久々の再会をみんなで祝う。 驚いたことに、90才の誕生日に自分史の小冊子を作り、その中の二ページを割いて日本人の友人、フミオと題してエピソードを書いている。コピー一部頂く。91才の今日ですら
私に対しては、まるで大人が子供に対して気を配るのと同様、気を使ってくれる。
泊まりは施設内のゲストルーム、ホテル並の部屋、快眠。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-28 21:31  

FW:10*23 シュテンガー宅到着

a0135826_6455019.jpg

a0135826_645505.jpg

a0135826_6455020.jpg

a0135826_6455089.jpg

a0135826_6455138.jpg

a0135826_6455163.jpg

大変お世話になったブレナイス家族と昼過ぎに出発、昔お世話になった故シュテンガー氏の息子さん、ゲオルクが勤める実業高へ向かう、10キロの距離。約900名の生徒が学ぶという校内の一部を見学。写真はヘアカット実習室。夕飯は子供さん達が集まり、食卓を囲み、七年振りの再会を祝う。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-28 06:45  

FW:10*22 帰国日決定

a0135826_2147519.gif

a0135826_21475140.jpg

a0135826_21475161.jpg

a0135826_21475196.jpg

a0135826_21475159.jpg

a0135826_21475139.jpg

午前中、帰国の為のフライトを予約する。29日 フランクフルト 2045発 ANA NH210便,30日には日本到着。27日、日通倉庫にスクータ持ち込む。金額は帰国後判明、送金、入金確認後出荷となる。
午後天気も良く14℃と暖か、散策兼ねて買い物に同行。夕飯後記念写真撮影会となる。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-23 21:47  

FW:10*21ブレナイス家到着

a0135826_5464338.jpg

a0135826_5464342.jpg

a0135826_5464333.jpg

a0135826_546431.jpg

a0135826_5464334.jpg

a0135826_5464347.jpg

朝一番、日通に電話、27日にスクーターをフランクフルトの日通に持ち込む事にする。1110ホテル発、ボーデン湖沿いの田舎道、畑道、村を通り抜けラインの滝に到着、以前、ドイツ側から見た事がある。今回はスイス側から見た。川幅100m位の段差のある川だ。真ん中に岩山があり観光船で其処まで行き岩山の上に登れる。その後チューリッヒ、バーゼルを経由し、前回お世話になったブレナイス家を目指す。スイスのアウトバーンのパーキングにテイクアウトの車が営業、写真を撮る。ブレナイス家1650到着。暫くして知人のハンスゲオルクが来た。7年ぶりだ。40年以上前、私を助けてくれた恩人の子息で現在は学校の先生をしている。久々の再会、喜び合う。今度の土曜日、彼の母の居る老人ホームに泊まりがけで会いに行くことになる。レジデンスにはホテル並の宿泊施設があるそうだ。夕飯は奥様手作りの美味しいカレーライスをごちそうになる。走行232キロ、29、452キロ。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-22 05:46  

FW:10*20 Konstanz着

a0135826_6263786.jpg

a0135826_6263735.jpg

a0135826_6263750.jpg

a0135826_6263744.jpg

a0135826_6263768.jpg

a0135826_6263791.jpg

a0135826_6263723.jpg

a0135826_6263764.jpg

a0135826_6263726.jpg

a0135826_6263777.jpg

昨日見学の城の反対側にある城、Hohenschwangau城を見学。朝方ホテル前の水溜まりには氷が張っていて寒いが天気は快晴。私的には、此の城のほうが好み。19世紀の城だが王様とワーグナーとは深交があったとか。ワグナーも弾いたクラビエールも展示してある。その後昨日の道を戻り、ボーデン湖をフェリーで渡りコンスタンツへ。昔、タクシーをヒッチハイクし、この湖を渡った事があり懐かしんだ。1700ホテル探し投宿。走行158キロ、29、220キロ。 夕飯はこの旅初のステーキを食す。
[PR]

# by nochifumio | 2009-10-21 06:26